結婚するために【お見合いをするときの方法を紹介】

世話人を通じて行うこと

ハート

自分は謙遜相手は褒める

近年は婚活サイトが一般的となっていますが、現代においてもお見合いを進める人は少なくありません。その際に知っておいた方がいいマナーやルールがあります。お見合いを考えているのであれば、まずは世話人を選ぶ必要があります。別に専門に行っている人ではなく、自分のことを良く知っている親戚や上司などが適しています。その際、相手に求める条件などもきちんと伝えておき、写真や履歴書、身上書などは渡しておきましょう。無事にお見合いのセッティングができたら、相手との会話が弾むようにします。ただしその際にマナーなどは守る必要があります。初対面に人に対して政治や宗教などの話をすることはおすすめできません。結婚を考えたときに、宗教や信仰について聞いておきたいと考えることは普通ですが、初対面で面と向かって聞くことはマナー違反とされています。後日、世話人を通じて聞いてもらった方がいいでしょう。またあまりに馴れ馴れしく話したり、逆にかしこまって話すことも避けた方がいいでしょう。自分のことを少し謙遜気味に、相手のことは褒めるようにすると会話が弾んでいい雰囲気になります。お見合いが無事に済んだら、その後の返事は大切です。世話人への感謝の言葉や、今後どうするのかはなるべく早く伝えておきましょう。またお見合いの費用は、世話人が立て替えて支払いを済ませていることが多いので、終了後は速やかに清算する必要があります。世話人のところへ赴き、費用と謝礼を渡すようにします。謝礼の金額は特には決まっていませんが、成立の場合は1万円程度上乗せ、お断りの場合は少し多めに渡すことが通例となっています。

成功する秘訣

合コンにはテクニックが必要です。やはり出会いの場なので、ただの飲み会にならないようにする必要があります。相手に好印象を与えること、場の雰囲気を壊さず盛り上げること、自分の話ばかりせずに相手の話をしっかり聞くことなどが大切なポイントです。

集まる前に考えたい

自分が幹事として合コンをセッティングする時は、まずメンバーを集めます。メンバーの社会的な立場が釣り合うように考えましょう。その後はお店を選びますが、重要になるのは料理と場のムードです。下見をしておけばお店選びに失敗しません。

Copyright © 2017 結婚するために【お見合いをするときの方法を紹介】 All Rights Reserved.